北九州Shangri-La

wanwanmaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:istDS( 204 )


2008年 08月 31日

久々のオフ会

昨日30日は久々にお散歩写真同好会のオフ会に参加しました。
実に去年5月以来、1年3か月ぶりの参加となりました。

場所は門司港レトロ。

自分にとってはホームグラウンドのような場所で、いやという
ほどここで写真を撮っているのですが、やはりオフ会となると
ちょっと違うんですよね。

いつもの見慣れた風景が何かいつもと違う感じがして、新鮮な
気持ちで撮影できたような・・そんな気がします。

e0019178_19511334.jpg

e0019178_19512352.jpg

(istDS+Sigma 30mm F1.4 EX DC)

残念ながら撮り始めて間もなく雨に見舞われて、早々に撤収。
10数枚程度しか撮影できませんでした。ちょっと消化不良気味
かな・・。

その変わりその後のミーティング(という名の雑談会・・)が
とても楽しかったです。クルマで来られてる方が多かったので
飲み会という訳には行きませんでしたが、JR組の約3名(私を
含めて・・)は楽しくお酒をいただきました。(^^ゞ

と言う訳で今回参加された皆様、どうもお疲れさまでした。

次回「離島オフ」での再会を楽しみにしています。(^^)
[PR]

by wanwanmaru | 2008-08-31 19:52 | istDS
2008年 05月 06日

青龍伝説の町

山口県下関市川棚町。ここは青龍の伝説が残されている町
なんです。特に川棚温泉はこの青龍が守り神になっている
ようで、至る所に青龍のオブジェが目に付きます。

マンホールも青龍だし、入浴した温泉も青竜泉だし・・。

・・と言っても、今回写真に撮ったのはそのごく一部だと
思うんですが、青龍オブジェを探しながら温泉街を散策する
のも楽しそうです。

e0019178_18191045.jpg
e0019178_18191876.jpg
e0019178_18193357.jpg
e0019178_18194076.jpg
e0019178_18195169.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

ちなみに青龍伝説の詳細については以下の通りです。
[PR]

by wanwanmaru | 2008-05-06 18:21 | istDS
2008年 05月 04日

みすヾ潮騒号に乗る

我が家の連休初日となる2日、家内と2人で川棚温泉に行って
きました。

ここには頻繁に来ているけど、いつもは車を利用しています。
今回は趣向を変えて汽車で行くことにしました。主たる目的
は山陰本線を走る観光列車、みすヾ潮騒号に乗ることです。

えっ、道中・旅先でお酒を飲むのが目的じゃないかって?。
やっぱりそれがメインの目的かも・・。(^^ゞ

e0019178_2124277.jpg
e0019178_21241132.jpg
e0019178_21241952.jpg
e0019178_21242641.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

で、これがみすヾ潮騒号。

少しお化粧したなんの変哲もない汽車ですが、内部はご覧の
通り。絶景の山陰線沿線の眺めを楽しむことに配慮した作り
になっています。本当に気持ちの良い車内でした。

でも残念なことに、今回は川棚温泉駅で降りたわけだけど、
眺めが絶景になるのはこの先からなんですよね・・。(^^ゞ

川棚温泉というと名物の瓦そば。これを食さないわけには
いけません。ということで今回は瓦そばの老舗、たかせ本館
に行きました。古い歴史を感じる建物で風情があって本当に
良い感じ。

e0019178_21244140.jpg
e0019178_21244939.jpg
e0019178_21245716.jpg
e0019178_2125617.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

今回は瓦そばと刺身盛りとうなめしを注文しました。

ちょっとした懐石料理なみのお値段になったけど、おなか
いっぱいになって満足満足。もちろんビールも飲みました。

やっぱり行楽先でお酒が飲めるっていいもんですね。(^^)
[PR]

by wanwanmaru | 2008-05-04 21:27 | istDS
2008年 04月 27日

紫の海

今日は毎年、田植・稲刈り・餅つきイベントに参加させて
もらっている犀川くまわり会の地元、犀川町大熊に行って
きました。

目的は田んぼ一面を覆い尽くすレンゲの花を見に行くこと。

ちょうど見ごろになっているようで、田んぼ一面が紫色に
染められていました。

e0019178_23503376.jpg

(α-7Digital+AF DT 11-18mm F4.5-5.6)

e0019178_23505659.jpg

e0019178_063862.jpg

e0019178_2351268.jpg

e0019178_064883.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

いや、本当に見ごたえのある風景でした。写真ではその
素晴らしさがイマイチ表現できていないようで、ちょっと
寂しいです・・。できれは高い場所から、電柱でも登って
撮ったらもっと素晴らしい写真になっていたのではないか
と思ってます。

今まで、夏・秋・冬と訪問していましたが、今年からは
春も追加になって四季を通じて訪問したいと思っています。

もうすぐ田植えイベントの日がやってくる。今からとても
楽しみ。(^^)
[PR]

by wanwanmaru | 2008-04-27 23:51 | istDS
2008年 03月 08日

50年ぶりのお宝

門司港にある甲宗八幡神社。

応神天皇、神功皇后、宗像三女神(市寸島比売命・多紀理比売命・
多紀津比売命)を祀る神社である。

e0019178_0101562.jpg
e0019178_0102568.jpg
e0019178_0103558.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

この神社のご神体は、神功皇后が朝鮮三国を攻め入ったたときに
着用していた(と伝えられる)兜だ。実はこのお宝、50年に一度
しか一般には公開されないらしい。

で、その公開の儀が行なわれるのが今年の4月の大祭。前回は私が
生まれる前で、次回は・・生きているはずがない・・。

一生に一回しかお目にかかれないお宝、是非見に行きたいと思って
いる。そのためなら会社をサボることも辞さねえ!。(^_^;)
[PR]

by wanwanmaru | 2008-03-08 00:12 | istDS
2008年 03月 03日

魚眼で撮る門司港

PENTAX自慢の面白レンズ、魚眼ズームレンズを購入して2年。
使いどころが難しく、最近は出番がすっかり少なくなって
しまいました。

たまには使ってやらにゃ~、ということでこれまた最近出番
の少なくなったistDSに魚眼ズームを装着して、いつもの
門司港レトロを散歩しました。

しかしやっぱり何をどう撮ったら良いのやら・・。という訳
で本能の赴くまま好きに撮ってきました。テキト~。(^^ゞ

e0019178_16403294.jpg
e0019178_16404338.jpg
e0019178_16405218.jpg
e0019178_1641388.jpg
e0019178_16411235.jpg
e0019178_16412361.jpg

(istDS+DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED)

この写真を撮ったのは先週の月曜日。良い天気でした。今日
は一日雨で家でゴロゴロ・・、というより風邪ひいて寝て
ました。
[PR]

by wanwanmaru | 2008-03-03 16:42 | istDS
2007年 11月 24日

神尾さん宅

耶馬溪で紅葉を楽しんだ後、山国町まで走って昼食
を取り、「神尾家住宅」を訪れました。

この家は九州で最古の民家だそうで、神尾さん個人
の所有物なんですが、国の重要文化財に指定されて
いるそうです。個人の所有物ゆえ見学の際には隣に
ある神尾さんの自宅に行き、見学の申し込みが必要
と、ちょっと面倒ではありますが、保存状態も良く
一見の価値ありって感じでした。

e0019178_20271178.jpg
e0019178_20272031.jpg
e0019178_20272895.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

今後も維持管理が大変そうですが、末永く保存して
欲しいと思います。
[PR]

by wanwanmaru | 2007-11-24 20:33 | istDS
2007年 11月 12日

小倉城の眺望

先週に続いて、小倉城のネタということで・・。

小倉城の最上階は展望台になっていて、市内を360度ぐるり
と眺望できます。

e0019178_22593753.jpg

<東>門司区方面

井筒屋や伊勢丹、小倉駅など市の中心部を眺望できます。
超高層建築も増えてきました。

e0019178_230295.jpg

<西>戸畑区方面

東側と一変して工場関係が多いですね。工業都市北九州の
中心です。撮影した日は金魚の品評会をやってました。

e0019178_2302336.jpg

<南>小倉南区方面

今、市街地はこちら方面にどんどん広がっています。遠くに
見える山は福智山系でしょうか(地元なのに良く知らない)。

e0019178_2304250.jpg

<北>関門海峡方面

最も変貌を遂げたのがこちら方面でしょう。リバーウォーク
というヘンテコな建物が鎮座してます。(^^ゞ

全て(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

北九州という町は市街地はそこそこ広いですが、基本的に海と
山に囲まれて自然が一杯で、気候的にも過ごしやすいと思いま
す。自然災害も少ないですし。
[PR]

by wanwanmaru | 2007-11-12 23:02 | istDS
2007年 11月 04日

迎え虎と送り虎

e0019178_13302135.jpg
e0019178_13303337.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

小倉城に展示されています。ちなみに城内の一部の
展示物は撮影禁止になってますが、これはOK。

かなり大きくて、迫力があります。どちらが迎えで
どちらが送りかは忘れました。

そう言えば中学の頃着ていた学ランの裏地にはこの
虎の絵が刺繍されていました。懐かしい・・。

ちなみに僕は昔、送り狼でした。嘘・・。(^^ゞ
[PR]

by wanwanmaru | 2007-11-04 13:32 | istDS
2007年 10月 12日

赤い橋

北九州には、建設当時東洋一の吊り橋と謳われた橋が
二本あります。

私のホームグラウンドにある関門橋は過去何回か写真
をアップしていますが、今日はもう一本の若戸大橋を
見に行きました。

e0019178_2294372.jpg
e0019178_2295246.jpg
e0019178_2210035.jpg
e0019178_2210968.jpg

(istDS+Tamron AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD)

色合いの地味な関門橋と比べ、この橋の色は派手なん
ですよね。この赤には神々しさすら感じます。

この橋は車で通行することは頻繁にあるんですが、橋
の下に行って眺めるのは多分小学生の時以来なんで、
30数年ぶりになります。

当時はこの場所には若戸スポールという、ボーリング
とアイススケートができる施設があったので、何回か
行ったことがありますが、この施設が閉鎖されてから
行くこともなくなりました。

戸畑駅から歩くと結構距離があるという記憶があった
のですが、今日歩いていくとすぐに到着しちゃいまし
た。やっぱり大人の足だとわっきゃないようです。

いや、それにしても懐かしかったです。そういえば、
小学生の頃ここには明治製菓の工場があって、そこに
工場見学に行ったことがあります。おみやげにカール
をもらった時はとてもうれしかったなぁ・・。(^^)
[PR]

by wanwanmaru | 2007-10-12 22:11 | istDS