北九州Shangri-La

wanwanmaru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 28日

トンネル活用法新次元

ひでさんの記事に触発されたのか、何だか久し振りに
関門トンネル人道を歩いてみたくなりました。

このトンネル、小学生の時に歩いたきりなんですが、
当時は人通りも少なく、相当に不気味だったことを
覚えていますが、今行ってみると当時とは全然違った
雰囲気になってました。

やはり観光資源としての活用を目指しているためか、
イラストを使用して、明るい感じになっていますし、
ジョギング・ウォーキングをしている人の多いこと。

考えてみたら、街中でのジョギング・ウォーキングに
比べて、距離が判りやすい・信号停止がない・一直線・
天候の心配無用・適温・好条件でありながら無料・・。

なるほど皆ここに来るはずだわ・・、と一人納得して
しまいました。

写真は上から、和布刈側(門司側)入り口、和布刈側
イラスト、県境、下関側イラスト、下関側入り口。

e0019178_2310998.jpg
e0019178_23102180.jpg
e0019178_23103133.jpg
e0019178_23104261.jpg
e0019178_23105110.jpg

(PowerShotG9)

それにしても人道入り口の建物、和布刈側も下関側も
全く同じ作りなんですね。なんと芸がない・・。(^^ゞ
[PR]

by wanwanmaru | 2008-01-28 23:13 | PowerShotG9


<< 撃て~っ!!      祝・PENTAXの新型機発表 >>